忍者ブログ
関ヶ原の書いた二次小説を淡々と載せていくブログです。 過度な期待はしないでください。
Top ハヤヒナSS あやさきけ イラスト 日記
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 皆さんどうも、関ヶ原です。
 新作が一応出来ました。今月三作目です。
 今回もハヤヒナで、久しぶりに甘い小説を書いたつもりです。
 しかし今回書いてみると、案外甘めの小説って書くのが難しい……。
 キャラを保ちつつ、しっかり甘えさせる。
 残念ながら私には難しい。
 でも何とか形にはできたのかな、と思っています。
 そしてオチの弱さに私涙目。誰か綺麗に話を締める方法を教えてください……!

 今回一番悩んだのは何よりタイトルです。
 タイトルとして強調したい部分がないもので、『無題』というタイトルにしようかと思ったくらいです(汗)
 だから何とか頭を動かしてこんな感じになりました。
 ちょっと中身のない話になってしまいましたが、どうか皆様お許しを……!!

 さぁ後二作。果たして私は書けるのか。

 それではどうぞ~☆





『Hot Kiss』





 学校からの帰り道の空は、茜色に染まっていた。
 十一月も半ば、暗くなるに連れて肌に当たる風も冷たくなってきている。

「うわ、寒い」
「確かに……これはちょっと寒すぎですね」


 結構な厚着をしているにも拘わらず、寒風が体に当たる。
 その寒さに身を震わせながら、私とハヤテ君は学校帰りの道を歩いていた。


「もう冬がやってくるって感じよね、こうも寒いと」
「東北地方ではもう雪が降っている所もあるくらいですしね」

 ハヤテ君は私の言葉にそう答えると、白い息を吐きながらもう一度身を震わせた。
 今日は珍しく、生徒会の仕事がなかった。
 この所ハヤテ君と二人で仕事をしていたからなのか、予定以上の仕事をこなしていたらしく、本日は仕事が残っていなかったのだ。

「流石東北ね~。ここ以上に寒いのよね、きっと」
「でも行ってみたい気持ちはありますね」
「そうね~」

 して、その帰り道。
 いつもとは違い、今日の帰り道は他の生徒たちと一緒だ。
 毎日生徒会で遅くなるので、生徒の姿が見えない帰り道は寂しいものだった。

「じゃあいつか行こっか、東北」
「え?」
「いつか、機会があったら二人っきりで、ね?」

 だから、とハヤテ君の腕を私は抱える。

「ちょ、ヒナギクさんっ。皆見てますって」
「いいのよ、それで」

 そしてニヤリ、と私は笑った。

「見せ付けてるのよ♪」
「………」

 私の言葉に、ハヤテ君が固まる。

「あの……その」
「何を今更照れてるのよ。もう皆知っているでしょ?」
「それは、そうなんですが」

 ハヤテ君が言葉を濁すのも分かる。
 だってほら、ハヤテ君に敵意ある視線が集中しているから。
 それでも私はハヤテ君の腕を離すことはない。

 普段見せ付けられない分、こういった貴重な機会に見せ付けなければ。
 私がハヤテ君をどれだけ好きかということを。

 ちら、とハヤテ君を見れば、恥ずかしそうに頬を赤く染めていた。
 どうやら彼には、まだまだ覚悟が足りないらしい。

「ねえハヤテ君?」
「……は、はい」
「ハヤテ君は私の彼氏よね?」
「へ?そ、それはもちろん!僕はヒナギクさんの彼氏ですよ」
「そうよね、彼氏よね。じゃあそれがどういうことなのか分かるかしら?」
「え―――――」

 だから、思い知らせてあげることにした。
 周りの生徒たちに、ハヤテ君に。
 私から、桂ヒナギクから好かれるというのがどういうことなのか。

 私の方を向いた彼の唇に、自分のそれを重ねた。
 やわらかく暖かい感触が伝わって、唇から身体全体に心地よさが広がる。
 帰宅途中。
 しかも多くの生徒たちがいる中で、私とハヤテ君はキスをしていた。


「………えへへ、これで分かった?」
「ええ…もう十分というくらいに」


 数秒、数十秒と時間が過ぎ、私たちは唇を離した。
 名残惜しい気持ちもあるが、ハヤテ君の顔が尋常じゃない位に真っ赤だったので仕方がない。
 それに、どうやらハヤテ君も分かってくれたようで、トマトのように顔を真っ赤にしながらも、唇を離すと私をぎゅっと抱きしめてくれた。
 真っ赤な顔で私を抱きしめたまま、ハヤテ君は言う。

「………肝っ玉は強い方だと思っていましたけど、ヒナギクさんの彼氏を務めるにはまだまだ努力が必要みたいです」
「ふふ。分かればいいのよ」
「本当に……。ヒナギクさんがここまで甘えん坊だとは思いませんでした」
「良いじゃない、別に。私はただ、自分の気持ちに素直になっただけよ」

 ハヤテ君の腕の中は、本当に幸せな気持ちになる。
 キスとは違った温かさ。
 その温かさを体全体で感じながら、私は「それに」と言葉を続けた。


「私は甘えん坊だけじゃなくて、寂しがりやでもあるのよ?」


 周りをみれば、あれ程いた生徒たちの姿はなくなっていた。
 私たちの姿を見て恥ずかしくなったのだろうか?
 でも、この方が私にとっては都合がいい。

「だから、ね」

 すっかり人気がなくなってしまった帰り道で、私はハヤテ君に唇を差し出した。

「ん」
「え?」
「さっきは人がいたからそんなに長くは出来なかったけど、今なら大丈夫でしょ?」

 何を、と聞くことは今更だ。
 今度はハヤテ君の方からして欲しい。
 そんな私の気持ちを読み取ってくれたのだろう、ハヤテ君は苦笑を浮かべながらも、


「………本当に甘えん坊なんですから、ヒナギクさんは」


 その言葉を優しい声色に乗せて、私に二度目のキスをした。



 十一月も半ば、暗くなるに連れて肌に当たる風も冷たくなってきている。
 もう冬がすぐそこまで来ている、巡る季節の中で。

 大好きな人とのキスは、そんな寒さを忘れさせてくれるくらいに、やはり温かなものだった。




End

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やっぱり
やっぱり関ヶ原さんの小説はスゴいです!
あと2作、期待してます!!
ベディアン URL 2009/11/23(Mon)08:46:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
関ヶ原
HP:
自己紹介:
ハヤヒナ小説とかイラスト書いてます。
若輩者ですが、よろしくおねがいします!

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをご利用ください。



何かございましたらこちらへ。
sekigahara1133
@yahoo.co.jp
最新コメント
[08/07 タマ]
[06/16 がじぇる]
[03/28 イクサ]
[12/25 真司]
[01/07 自由人]
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]