忍者ブログ
関ヶ原の書いた二次小説を淡々と載せていくブログです。 過度な期待はしないでください。
Top ハヤヒナSS あやさきけ イラスト 日記
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも皆様、関ヶ原です。
最近裏表ラバーズに一人はまってるこのサイトのアホな管理人です。

デュラララ面白いよ、デュラララ。

さて、数日前から覚悟していた今週のハヤテ、読みました。
無事生還できて嬉しく思います。
内容はまぁあまり言わないでおきますが、俺的には余りダメージないです、ハイ。
むしろほほえましいというかなんというか……(二次元だけど)リア充○ね!という感じです。

ハヤテ嫌いになるとか、そんなことは頭の片隅にも浮かんできませんでしたが、もうぶっちゃけます。
懺悔します。


アテネのアホ毛に萌えてしまいました。


私の拙文スキーなハヤヒナ読者の皆様、スイマセン。
どうやら私はアホ毛好きだったようです。

あ、誤解のないように言いますが、別にハヤヒナからハヤアテに目覚めたというわけではありません。

アホ毛に目覚めただけでございます。

そういえば前兆はありました……。

棒種な運命でも、月の女神(※都合により名前は伏せさせていただきます)が好きだったり、友達の書くオリジナル小説でもアホ毛キャラに内心ときめいていたり……(そのキャラに主人公は理不尽な暴力を受けるわけですが)。

まさかアテネのアホ毛があれほど萌えるものだったとは、一生の不覚。


反省としてハヤヒナの妄想の旅に出かけようかなぁと思っていたり。
以下の文章は今週の話を見て即興で作った短文です。
雑でスイマセン><


タイトルは皆様予想が付くでしょう、『アホ毛』



「あれ? ヒナギクさん」
「え?」

 もはや当たり前となってしまった、放課後のハヤテ君との共同作業。
 書類の山と格闘していた私にハヤテ君の声が掛けられたのは、その作業も半ばにさしかかった時だった。

「ここ、毛が」
「へ?」

 隣で仕事をしていたハヤテ君の細白い指が、私の髪に触れる。

「ひゃ…」

 突然の行動とこそばゆさに思わず声が出てしまうが、ハヤテ君は気にした様子もなく、

「アホ毛、出てますよ」

 旋毛辺りの髪を抓みながら、言った。




「……アホ毛?」
「はい」

 ハヤテ君の言葉に一瞬戸惑うが、その意味を理解して思わず頬が熱くなった。

「――――っ」
「あっ」

 恥ずかしさで毛を掴んでいたハヤテ君の手を払う。
 私だって女の子、一応身嗜みには気を使う。

「……痛いですよ」
「わ、悪かったわよ」

 残念そうにこちらを見つめるハヤテ君の視線を受けながらも、手鏡で旋毛辺りを反射させると、確かに細くまとまった一束の毛がぴょんと飛び出していた。

「(うわ~~~!!)」

 さらに頬が熱くなる。
 手を被せても、バネのように再び起き上がってくる。
 不幸なことに、今日は櫛を持ってきていなかった。

「な、直れこのっ!」

 無駄だと分かりつつも手櫛で梳いてはみるが、やはり効果はない。
 美希たちならともかく、ハヤテ君に見られるなんて……っ!

 好きな人に見られた、というのが私の羞恥心の大半を占めていた。

「はぁ……」

 こうなってしまってはもうドライヤーを使うしかないだろう。
 アホ毛をそのままにして、私は深くため息を吐く。
 髪の毛一本で落ち込む私は、十分女の子だろう、と内心皮肉言いながら。

「あの……」

 そんな私に、ハヤテ君が恐る恐る声をかけてきた。
 ハヤテ君の方へ顔を向けた私に、彼は言う。

「アホ毛って……そんなに嫌なものなんですか?」
「え?」

 その表情はどこか困ったよう。

「どういう…?」
「いやあの、その……僕はヒナギクさんのアホ毛、可愛いと思ってしまったものですから」
「へ?」

 その困り顔で言われた私は、もっと困り顔。

「可愛いって…アホ毛が?」
「いや、ヒナギクさんのアホ毛が」
「? ?」

 ヤバい、どういう反応をすればいいのだろう私は。
 返答に困っていると、ハヤテ君が言葉を続ける。

「ヒナギクさんのアホ毛が可愛いなぁ―――って見てたら、ヒナギクさん凄くアホ毛気にしてたじゃないですか」
「それはまぁ……一応女の子だし」
「だからヒナギクさんのアホ毛を可愛いと思ったこと、なんか申し訳ない気がして」

 あぁ、なるほど。だから困ったような表情を浮かべていたのか。

「別にいいわよ」
「え?」

 そういうことなら、気にすることもないか。

「だってハヤテ君、私のこのアホ毛を可愛いと思ってくれたんでしょ?」
「はい」

 頷く彼を見て、私の羞恥心はなくなった。
 元々好きな人の視線を気にしてちょっとブルーになっていたのだから。
 その好きな人がこのアホ毛を好いてくれるなら、気にする心配がどこにあるのか。

「ねぇハヤテ君」
「はい、何でしょう」
「さっきみたいに……その、してくれる?」
「へ?」

 先ほどとは意味合いの違う困り顔を浮かべるハヤテ君に、「ん」といって私は頭を差し出す。
 ちょうどアホ毛がある、旋毛辺りを。

「頭、撫でて?」
「――――あぁ、そういうことですか」

 私の言葉にハヤテ君はようやく意味を理解してくれたらしい。
 「喜んで」という言葉とともに私の髪を梳き始める、愛しい彼の指。

「ご気分は如何ですか? お嬢様」
「凄く幸せ♪」

 その指の動きを心地良いと感じながら、私は身体を預けるように、ハヤテ君へと寄りかかった。

「暫くこうしてもらってもいい?」
「お気に召すままに」


 好きな人が喜んでくれるならアホ毛も悪くないな。

 そんなことを思った、幸せな放課後の一時だった。



End

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も
私もこれからの原作の展開からは目が離せませんね。
そして私のコメント数が関ヶ原さんに負けず劣らず多いです……
ベディアン URL 2010/02/25(Thu)23:01:46 編集
無題
>自由人さん
おお! お久しぶりです^^
俺は畑先生の考えたとおりの話を書いてほしいと思います。
一ハヤテ読者として、今後も目が離せませんね!

>クリスタルさん
作者がもうアホなもんで、すいません(笑
今回の小説は確かにやりなげ感半端ないですよね…(汗


てかコメント数やべぇw 俺自重しようw
関ヶ原 2010/02/25(Thu)21:17:56 編集
アホ毛ですか…。
毎回、凄い小説を書かれますね!

あえて一言、言わせてもらうなら「アホアホ言い過ぎですよ…。」というくらいです。
クリスタル 2010/02/25(Thu)18:57:32 編集
はい、ども~
自由人です。いや~ハヤテ小説書くん止めると暇ですわ(笑)

さて、色々話題になってるサンデーのハヤテですが、個人的には「アリ」です!
まぁそもそもなんでこんな話題になってるんか分かりません。

ハヤテのごとく!は畑さんの漫画やし、自由人は好きで読んでる。
関ヶ原さんの書くハヤテのごとく!も好きやし読んでる。
せやしストーリーやエンドは作家さんの思いで良いんちゃうかなぁ~っと。
そんな感じッス。

え~小説は相変わらず画の浮かぶ素晴らしい小説でした。

それでわ。
アテネ強し(笑)
自由人 2010/02/25(Thu)15:57:50 編集
無題
いえいえ!

分けなくていいと思います

さっき友達に今週号の話ききました!

自分もダメージ少なかったです
ハヤテ兄 2010/02/25(Thu)00:35:00 編集
コメント数が……
アテネといえばロイヤル・ガーデンがありますから、使いにくいキャラですよね。
ベディアン URL 2010/02/24(Wed)23:00:55 編集
無題
>KOUさん
可愛さの前には聡明さなんて関係ないのです。というか今回の小説は本当に出来心だったんです。
あの二人に対抗したかっただけなんです。

後悔はしてません(笑)
関ヶ原 2010/02/24(Wed)23:00:25 編集
なんか凄いことになってる……。
たしかにあのアテネのアホ毛は可愛かったですよ。

そしてヒナギクにアホ毛ですか…………。

似合いそう?

可愛さはさらにハネあがるでしょうけど聡明さは消えてしまいそう……。

でも可愛い
KOU 2010/02/24(Wed)22:57:46 編集
無題
>ハヤテ兄さん
単行本派の方には分からないネタでスイマセン(汗
希望であれば俺の米と小説分けてアップします^^
その時は教えてください♪

>ベディアンさん
そりゃーもう!
アテネ使いたいとは常日頃考えてますよ!
でも何分謎めいたキャラでしたからね……使い勝手が良くわかんなかったのですよ><
関ヶ原 2010/02/24(Wed)22:52:21 編集
おぉっ!
私もアテネは好きですよ。
関ヶ原さんの小説にアテネが登場する可能性があるんですか~……
楽しみにしてます!
ベディアン URL 2010/02/24(Wed)22:48:48 編集
話についていけず…
我は残念ながら単行本派なのでついていけませんが…


面白い小説が一つ生まれたのでいいと思います

ヒナギクに何があったのかわからんけど…

ヒナギクには頑張って欲しい
ハヤテ兄 2010/02/24(Wed)21:47:35 編集
無題
>アルトさん
いやいや、実際この先なにがあるか分かりませんから…。ヒナギクが簡単にリタイアするとは俺は思っていませんよ?
テスト乙ですー☆

>ベデイアンさん
アテネは個人的には好きなキャラですよ^^
アホ毛効果でもっと好きになりましたがw
ただ俺の小説で、どうハヤヒナと絡めるか、ただいま妄想中ですw
関ヶ原 2010/02/24(Wed)21:24:23 編集
アホ毛様様
まぁ、おかげで関ヶ原さんの小説が読めましたから。
本当にアホ毛様様ですね(笑)
ベディアン URL 2010/02/24(Wed)20:48:48 編集
ハッハーッ!

学校(テスト)が終わってソッコーで読みました(笑)


頭ん中では
「ヒナギク、ハヤテ争奪戦からの離脱フラグ」が立っていたので、あまりダメージはなかったです


運命のイタズラか、テスト終了は来週の水曜なので(笑)全力で勉強して、またサンデーです

あと、自分もアホ毛が気になりました(笑)


アルト 2010/02/24(Wed)19:11:59 編集
無題
>ベディアンさん
相当きてますね、これは。
しかしアホ毛のおかげでアイデア出たんで、アホ毛様々ですよ(笑)
関ヶ原 2010/02/24(Wed)18:28:56 編集
本当に
本当にアホ毛に目覚めちゃってますね、関ヶ原さん……
私はアホ毛と言えば阿良々木くらいしか思い浮かびません。
ベディアン URL 2010/02/24(Wed)18:08:01 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
プロフィール
HN:
関ヶ原
HP:
自己紹介:
ハヤヒナ小説とかイラスト書いてます。
若輩者ですが、よろしくおねがいします!

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをご利用ください。



何かございましたらこちらへ。
sekigahara1133
@yahoo.co.jp
最新コメント
[08/07 タマ]
[06/16 がじぇる]
[03/28 イクサ]
[12/25 真司]
[01/07 自由人]
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]