忍者ブログ
関ヶ原の書いた二次小説を淡々と載せていくブログです。 過度な期待はしないでください。
Top ハヤヒナSS あやさきけ イラスト 日記
[144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、関ヶ原です。
結局まだノートPCは返ってこず、とうとう我慢の限界が来ました。


……えぇ、してやりましたよ。
やってやりましたよ。


ねんがんの ですくとっぷぱそこん をてにいれたぞ!


はい。買いました。
それほど性能はよくないそうですが、私が使うのには十二分な奴を!

お値段も十万もしないロープライス。
テンションMAXです。

と、いうわけで、早速新作投下。


今年の秋はかなり寒いですよね。
なのでそれを題材にして、簡単な短文をノートの切れ端に書いておいたのです。
無事に完成してよかった……。

誤字、脱字等ありましたら教えてください。

相変わらず拙文ですが、よかったら見てください☆



では~ ノシ





寒秋




 九月もあと数日を残して終わりを迎える今日この頃。
 気温もすっかり低くなり、あの暑かった夏の存在など記憶の彼方に飛ばされたかのように寒くなった。
 少し前まで外を歩けば、吹いていたのは熱風。しかし今は身震いしてしまう位の寒風だ。
 その天候の中を、ハヤテとヒナギクは歩いていた。

「うぅ……寒い」

 件の寒風を肌に受け、ヒナギクは呟く。

「いくら夏が終わったからって、急に気温変わりすぎでしょ……」
「季節の変わり目ですからねぇ」

 うぅ寒い、とぶるっと肌を震わせるヒナギクに苦笑しつつ、ハヤテは言葉を返す。

「でも確かに、もう冬物の服を着ても可笑しくないくらいの寒さですね」
「でしょ? というか実際、私のこの上着も一応冬着なのよ?」

 どう? と自身の姿を見せてくるヒナギクに目をやれば、なるほど。
 ヒナギクの上着は確かに、九月の下旬に着るには少々厚いものに見える。

「……流石に暑くないですか、それ?」
「全然? 生地は厚いけどね」

 寧ろまだ寒いくらいよ、とヒナギク。
 そこまで厚着をしているのにまだ寒いというヒナギクに、実は風邪でも引いてるんじゃないか、とハヤテは少しばかり思う。

(まぁでもヒナギクさんを見る限り、そういうことは無さそうだな)

 しかしすぐ考えを改めた。
 ヒナギクを見ても熱はなさそうだし、本当にただ寒いだけらしい。
 だが、いくら気温が下がったとはいえ、寒がるにはちょっとオーバーな格好に見えることも事実なのだ。

「でも今からそんなに着込んで、冬はどうするんです?」
「うーん……そうなのよねぇ」
「そうなのよねって……まだ冬まで数ヶ月もあるのに、今から冬の格好してたら冬に着るものなくなるでしょう?」

 冬前――つまり秋なわけだが、もともと冬の寒さ対策のための衣類を秋に着てしまっては、今よりも寒くなるであろう冬の時に着てもあまり暖かいと感じないのではないだろうか。
 現に秋に冬物を着ても寒いと言っている位なのだから。
 ハヤテの尤もな意見に、今度はヒナギクが苦笑した。

「でも、わかってはいても寒いものは寒いのよ」
「それはわかりますよ。僕だって、無理をしてヒナギクさんに風邪とかひいてほしくないですから。……でも、冬辛いですよ?」
「まぁ何とかなるんじゃないかしら」
「なりますか?」

 まるで他人事のように答えるヒナギクを、ハヤテは不思議に思った。

「ちなみに大丈夫と思う理由は?」

 不思議に思ったから、問。
 その問いに、ヒナギクは笑顔で答えた。


「仮に冬着だけで寒かったら、ハヤテ君に暖めてもらうもの」
「…………なるほど」

 だから安心なのよ、というヒナギクにそう言われては、ハヤテは何も言えない。
 何故なら。

「それなら大丈夫ですね。僕が太鼓判を押すくらい、安心です」
「ふふっ。そうでしょ?」

 彼女にそんな頼まれごとをされたら、喜んで彼女を抱きしめる自分の姿が容易に想像できてしまうから。
 そんな自分に笑ってしまう。

「じゃあハヤテ君」
「はい、なんでしょう?」

 そんなことを思うハヤテの腕に、ヒナギクが腕を絡めてきた。
 そして満面の笑みで、言う。


「私、今冬着なんだけど……寒いのよね」
「……」
「暖めて?」

 その顔を見て、魅入って、ハヤテ。

「…………あはは。分かりました、分かりましたよ」


 全く本当に、ヒナギクには敵わない。


 ハヤテはもう一度小さく笑うと、満面の笑みの眼前の少女を、想像した通りに、優しく抱きしめた。


 例年よりも少しばかり寒さを感じる秋の中、抱きしめたヒナギクは、とても暖かかった。 




End 
 

 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
恥ずかしながら‥‥‥
恥ずかしながら‥‥‥
自由人、帰って参りました(笑)
お久しぶりです、関ヶ原さん!

サイトにはしょっちゅう来させて頂いてたんですが、中々コメント出来ませんで‥‥申し訳ないッスm(_ _)m
やっと余裕も出来たんで。

絵に小説に大変そうですが、お体に気をつけて頑張って下さいね。

それでは最後に

『アイ アム フィーバー中♪』

自由人でした(笑)
自由人 2010/10/07(Thu)01:15:28 編集
新作
おぉ……!
いいですねぇ……
自分もこんなことをした……ゲフンゲフンッ!
自分もこんな小説を書きたいです。
ベディアン 2010/10/01(Fri)07:04:38 編集
秋…
最近一気に寒くなりましたよね~

共感しつつ読んでましたw
いくらか共感出来ないって言うか、嫉妬のような部分もありましたがww
セイバー 2010/10/01(Fri)06:00:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 最近 HOME どうも >>
カウンター
プロフィール
HN:
関ヶ原
HP:
自己紹介:
ハヤヒナ小説とかイラスト書いてます。
若輩者ですが、よろしくおねがいします!

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをご利用ください。



何かございましたらこちらへ。
sekigahara1133
@yahoo.co.jp
最新コメント
[08/07 タマ]
[06/16 がじぇる]
[03/28 イクサ]
[12/25 真司]
[01/07 自由人]
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]