忍者ブログ
関ヶ原の書いた二次小説を淡々と載せていくブログです。 過度な期待はしないでください。
Top ハヤヒナSS あやさきけ イラスト 日記
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイトの休憩中。
抜かれた親不知も血がとまり、経過は上々といえましょう。

でも、私の親不知との戦いはこれでは終わりじゃなかったんだよ!


ΩΩΩ<な、なんだってー!?



今から数えて約二週間後、今度は左上の親不知を撃退します。


新作(と呼んでいいのか今だに疑問ではあるけど)でハヤテが抜かれた歯は右上の奥。つまり今回私が抜かれた歯も右上の奥というわけです。

ハヤテは炎症起こってなかったんですが、私の場合、初診の時に炎症が起こっていまして。
抗生物質を駆使しながら抜いたのであります。
その時に左上の奥も親不知が生えていることが発覚。

こちらは炎症は起こっていないものの、やはり親不知と奥歯の間の溝に滓が溜まり、虫歯になりかけているそうです。

抜けるものなら抜いてしまいたい。

汚物は消毒だ--!!


親不知が生えない人が羨ましいです……。

ましてやハヤテみたいに、ヒナギクのような存在がいないので……(´;ω;`)ぶわっ


まぁそんなことはさておき。

そろそろ秋も深まって、色々秋の風味が楽しめる時期になりつつありますね。

秋はある意味ネタの宝庫。

いつも以上にネタを探していきたいですね!

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
返信
>サイバーさん
そうですね>< 来月に一本ぬいて、後は本当、抜きたくないです(笑)

>ベディアンさん
私も脊髄反射の速さで抜きますよ(笑)
ただし大前提として、ヒナギクのような存在がいれば、ですが……OTL

>月風丸さん
それは本当、羨ましいです……><
場合によっては歯茎を切って親不知を抜く時があるんですけど(一本目の親不知は歯茎を切って抜いて、その後歯茎を縫いました)、その麻酔が切れた時といったら痛いってレベルではなくて……。
授業の間、痛みに耐えながら泣いていたという苦い思い出があります(苦笑
関ヶ原 2010/10/25(Mon)01:43:31 編集
親不知か・・・
特にはえてないですけど・・・


このままはえないような気がします
月風丸 URL 2010/10/24(Sun)04:52:04 編集
親知らず
私は親知らずが生えていませんが、もし生えてハヤテのヒナギク的な存在の人がいれば即抜きます。
ええ、脊髄反射のスピードで決定ですよ。
ベディアン 2010/10/24(Sun)00:12:47 編集
秋の新作
コメント遅れてすいません

僕は一年前くらいに親不知を合計3本抜きました(苦笑)
3回に分けてですが^^;

もうあんなのは味わいたくないですねw
セイバー 2010/10/23(Sat)17:30:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
&lt;&lt; ただいま HOME 親不知 &gt;&gt;
カウンター
プロフィール
HN:
関ヶ原
HP:
自己紹介:
ハヤヒナ小説とかイラスト書いてます。
若輩者ですが、よろしくおねがいします!

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをご利用ください。



何かございましたらこちらへ。
sekigahara1133
@yahoo.co.jp
最新コメント
[08/07 タマ]
[06/16 がじぇる]
[03/28 イクサ]
[12/25 真司]
[01/07 自由人]
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]