忍者ブログ
関ヶ原の書いた二次小説を淡々と載せていくブログです。 過度な期待はしないでください。
Top ハヤヒナSS あやさきけ イラスト 日記
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大変お待たせしました、新作です。
当然CPはハヤヒナですよみなさーん!
今回は春が近い、ということで、新学年になるヒナギクの心境を書いてみました。
まぁ、原作のヒナはそんな事思わないんですけどね(汗)
ほのぼのとした雰囲気は出せてるかな?と思っていたり…。
良かったら感想お願いしますね、次回への参考になりますから。
それでは、どうぞ~♪




 三月も終わりだというのに、東北地方では雪が降った地域があるらしい。
 そんな新聞の記事に目を通しながら、ずずず、と私にしては珍しく、朝のコーヒーを啜る。



 朝の白皇学院の時計塔――生徒会室の大きな窓からは、そんな新聞記事とは全く正反対に、春の訪れを感じさせる暖かな日差しが射している。

 もうすぐ、春がやってくる。




『生徒会長の憂鬱』





「春……か」

 暖かな季節が来ることに喜びを覚える反面、少しメランコリな気分になって、私――桂ヒナギクは小さくため息をついた。

「もう受験なのよねぇ…」

 憂鬱な気分の原因は、それ。『受験』だ。
 春――即ち新年度が始れば、私たちは三年生になる。
 ここ白皇学院は進学校故、九割強の生徒が進学へ向けて今以上に勉強に励むことになる。
 現に、違う学校の歩も、勉学に集中して予備校に通うらしい。

 ともなれば、今までのように楽しく友人と遊ぶ機会も減ってしまうだろう。



「……なんか、寂しいな」


 それが、寂しい。
 いつも仕事をサボっていた馬鹿三人も、ハル子や愛歌さんも、ナギも、そして……ハヤテ君も。
 己の道を進むために、皆それぞれ頑張っていく(ナギは違うかもしれないが)。
 あの三人が頑張る姿を見れるのならば、それは嬉しいことだ。


「…あ~もう!」


 そんな、嬉しさと寂しさの狭間に立たされ、私はがしがしと髪をかき回した。
 そして、この見慣れた生徒会室を見回す。


「ここも…寂しくなるのかしら」


 もう少しで今の生徒会は任期を終える。
 新しい生徒会に向けての仕事も、これからやってくるはずだ。
 となれば、私がこの席でコーヒーを啜る日々も、もう少ししかない。


 別の寂しさが広がる。


「はぁ……」


 二度目の、ため息。
 そう、新年度になれば、変わっていく。
 生活も、勉強も、生徒会も、何もかも。
 それが当たり前なのだ、とは頭ではわかっていても、


「…本当、私って子供だわ…」


 それが嫌だった。
 わかっている、これは単なる私の我侭でしかないことくらい。

 それでも、嫌だった。





「――まぁ確かに、ヒナギクさんは子供っぽいですけど」

「!?」



 そんなことを考えて自己嫌悪に陥っていたものだから、突然掛けられた声に、私はひどく驚いた。
 首を痛めそうな勢いで声の方を向くと、たった今考えていた、大好きな彼の姿があった。


「ハヤテ君!?どうしたのこんな朝早くに!?」

「いえ…なんとなくですけど、時計塔に登りたくなりまして」


 登ってみたらヒナギクさんが思いつめた顔をしていましたので、と私の問いにハヤテ君は笑顔で答える。


「(み、見られた……!!)」


 羞恥で顔に熱が上る。悪戯がばれた子供のような心境だった。

 見られたくない部分を、よりにもよって、好きな人に見られるとは――!!


 穴があったら入りたい、そんな私の様子を見てハヤテ君はくすりと笑った。



「でも…、皆同じだと思います」
「――え…?」
「皆、今ある日常が大好きなんだと思います」


 ハヤテ君の言葉に、私は目を見張る。


「皆…?」
「はい、皆。僕も、お嬢様も、瀬川さんたちも」
「ハヤテ君も…?」


 私の言葉に、ハヤテ君は笑顔で頷いた。
 当たり前じゃないですか、と。


「僕だって今の日常が大好きです。だって、数年前の僕には考えられないくらいに幸せなものですから。失いたくない、と思うのは当然じゃないですか」
「で、でも…三年生になったら、それも変わるわ…!」
「そうですね、そうなります。ですけどそれを拒むことは、できないですよね」
「それは……そう、だけど…」


 あぁ、今の私は本当に子供だ。
 容姿端麗、文武両道、頼れる生徒会長なんかじゃない。
 我侭を親に諭される、小さな小さな子供。


「でも…やっぱり…寂しい」


 こんな私を、ハヤテ君は優しく抱きしめてくれた。
 身体が、優しい温もりに包まれる。


「じゃあ、僕が傍にいますよ」
「……え?」


 掛けられた声は、それよりもさらに優しかった。
 何を、と聞き返す言葉は、ハヤテ君の唇によって妨げられた。


「ヒナギクさんが寂しがらないように、僕が一生、傍にいます」
「ハヤテ君……」
「だから寂しがらないでください」


 もう一度、ハヤテ君が顔を寄せてくる。



「………うん。約束なんだから」



 その言葉を胸に響かせながら、私は静かに目を閉じた。








 …







 三月も終わりだというのに、東北地方では雪が降った地域があるらしい。
 朝の白皇学院の時計塔――生徒会室の大きな窓からは、そんな新聞記事とは全く正反対に、春の訪れを感じさせる暖かな日差しが射している。
 もうすぐ、春がやってくる。
 春――即ち新年度が始れば、私たちは三年生になる。

 新年度が始れば、全てが変わっていく。



 それが、嫌『だった』。



 ――でも。





「あ、メール…。美希たちから」
「なんて?」
「残り少ない二年生を楽しまないか…って…」
「それはいいですね♪」
「………」



 今では、こう思う。



「…あはは!何これ」
「? どうかしましたか?」
「『三年なっても、遊びまくろう』だって!」



 変わるものもあるけれど、変わらないものがある。




「はは、花菱さんたちらしいじゃないですか」
「うん!本当に…馬鹿なんだから」
「ええ。ですからしっかり、返信しましょうね」
「もちろん」





 それはきっと―――。





「『その前に仕事をしなさい!』……っと」
「あれ?そんなんでいいんですか?」
「いいの。……だって寂しくないから」





 三月も下旬の、生徒会室で。
 大好きな人の隣で、私は笑顔で送信ボタンを押した。




 ――もうすぐ春が、やってくる。






End






ハヤテ「ていうか久しぶりの更新なのに、文章でワケ分からない表現がありますね」
ヒナギク「仕方ないのよ。『久しぶり』なんですもの」
ハヤテ「なるほど……逃げたんですね」
ヒナギク「それは言わないお約束よ。………それより、さ、ハヤテ君」
ハヤテ「はい?」
ヒナギク「『一生傍にいる』…って、その…つまり…」
ハヤテ「―――っ!!あ、あれはですね、その……!!」
ヒナギク「………ふ、ふつつかものですけど……その、よろしくお願いします……あ、『あなた』」
ハヤテ「…………!!!(ぶしゃあぁぁぁぁぁ)」
ヒナギク「あっあなた!?鼻血が……!!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初めてのコメントです。

読ませていただきました。
いやぁ、良いハヤヒナでした。
特に、最後の所が一番よかったです。

更新等を頑張ってくださいね。

では。
剣刀 2009/04/02(Thu)02:05:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ヒナギクのV2 HOME ペルソナ >>
カウンター
プロフィール
HN:
関ヶ原
HP:
自己紹介:
ハヤヒナ小説とかイラスト書いてます。
若輩者ですが、よろしくおねがいします!

このサイトはリンクフリーです。
こちらのバナーをご利用ください。



何かございましたらこちらへ。
sekigahara1133
@yahoo.co.jp
最新コメント
[08/07 タマ]
[06/16 がじぇる]
[03/28 イクサ]
[12/25 真司]
[01/07 自由人]
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]